NEW PAGE
沼津の整体・からはだふくらかが発信する情報

  • 2020/10/28
    ヒザが曲がったまま、歩いている時は、美しくないだけでは無く、ヒザを伸ばして歩くより、何倍も負荷がかかることになります。 それにより、多くなるのは、スネ、ふくらはぎ、モモの外側が、ガチガチに固くなってしまう。 さらには循環が悪くなり、冷え、むくみ、生理痛、不妊、高血圧、外反母趾、ヒザ痛、甲状腺の異常、はたまた白血球の異常、ガンなどにつながっていきます。 余計な力みが抜けると、身体のパフォーマンスは、実力や、健康など全てが向上します。 歩き方を見直して、美しさだけでなく、快い身体を手に入れませんか?
  • 2020/10/27
    骨盤が大きい女性を“安産型”などと呼んだこともあります。 ですが、お尻が大きいと感じている女性が、実際に骨盤が大きいかというと、決してそんなことはありません。 太もも、つまり、大腿骨にある、大転子という一番の出っ張りが、張り出すことで、お尻を大きく見せているのです。 では、ナゼ、大転子が出っ張るのかと言えば、立ち方が悪いからです。 足の裏の荷重がかかる部分が正しくなければ、足首が歪み、ヒザが歪み、股関節に歪みが生じ、お尻が大きく見えるようになるのです。
  • 2020/10/21
    スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋など、いろいろな秋の楽しみがある中に「食欲の秋」があります。 お米やそばだけでなく、いろいろな収穫物がある時期、おいしいものが増えて、愉しく食べて、栄養いっぱいになっているかと思いきや、栄養失調になってるかも?
  • 2020/10/15
    帝王切開をしたことで、その後の生理が重くなったと感じたり、体質が変わったと感じる方がいらっしゃるようです。 帝王切開をすることをリスクと考えたり、良くない方法なんじゃ、と考えてしまう向きもあるようですが、これは母体と赤ちゃんを守るとても大切な出産方法です。 帝王切開のお陰で救われ、成長できる生命があるのだということを考えれば、医療の中でもっとも重要なもののひとつと言えます。
  • 2020/10/11
    精妙な身体を持つ一人の人間をお腹の中で造りあげるという、現代科学でも遠く及ばないことを成し遂げる女性は凄いとしか言いようがありません。 その妊娠、出産は女性にとって、今まで以上に美しくなるチャンスでもあります。 それにはご家族の手助けがどうしても必要になるのですが、このチャンスを活かせないと、その後不調を抱えることにも成りかねませんので、ぜひご家族みなさんでシェアをして下さい。
  • 2020/10/07
    2人に1人がガンにかかると言われる今、いかに予防するか、どう治療をするべきか、考えざるを得ない状態にあると言えます。 今回は女性に特有のガンである「子宮頸がん」の予防方法について、 ワクチンは有効なのか? 副作用は大丈夫なのか? などを考えてみたいと思います
  • 2020/10/02
    肩こりというのは、肩周辺の筋肉がこわばって、循環が悪くなっている状態を言いますね。 肩周りの筋肉が固くなる理由は色々考えられます。 動かし過ぎ、動かなさ過ぎ、水不足、内臓関係眼の疲れ、食いしばり、呼吸が浅い、などなど・・・。 では、私の若かりし頃の肩こりの原因はどれでしょう?と考えますと、一番大きいのは、動かなさ過ぎですね。 動かし過ぎじゃないんですよ。 まあ、後のヤツも少しずつ関係していそうですけどね。 どういうことか見ていきましょう。 皆さんの肩こりを解消するヒントになればと思いますよ。
  • 2020/09/29
    私の大好きな狩撫麻礼の作品『天使派リョウ』から、妊娠、出産から、生きて行く、ということについて考えてみたいと思います。 結婚、出産や、セックス、などのお悩みに少しでも役立てばと思います。
  • 2020/09/26
    赤ちゃんは自分の鏡です。 自分が分かるためには、ガチガチに力が入っていてはダメで、力を抜いて、愉しくいれば、赤ちゃんも愉しく、快くいてくれる、ただそれだけのことなんですよ。 周りに笑顔の人が少ないのなら、あなたが笑顔でないからです。 身体が快くなると、全てが愉しくなります。 そうなれば、当然、周りにいる人達も笑顔の人ばかりになります。 どうせ生きるのなら、愉しくいられた方が良くありませんか?
  • 2020/09/26
    生き物の大きな役割の一つに、生命をつなぐ、ということがあります。 子供を作るのは、生き物として当然の営みなはずですが、現状、婚姻する組以上の方が何らかの不妊治療をしていると考えられています。 子どもを作れない生き物は当然ですが、滅んでいきます。 不妊治療ということを考えるよりもまず、生き物として考え直さなくてはいけない、岐路に立たされているのではないでしょうか? 今、大事なのは、不妊治療ではなく、不妊治療が必要無い身体になることです。
  • 2020/09/18
    男の子二人兄弟のお兄ちゃん。 給食は全部食べるのに、家では好き嫌いが激しい、とご相談を受けました。 どっちかが本心じゃないか、どっちも本心じゃないか、ということが考えられるかと思います。 食については、色々な説があり過ぎてなかなか、どれが正しいのかが分からずに、長いこと学んできましたが、やっと答えに辿り着きました。 いま常識となっている、バランスよく食べましょう、とは、まったく考えていませんので、食べたいように食べてもらえば別に構わないと思いますが、もう少し細かく見ていきたいと思います。
  • 2020/09/16
    今、NHKを中心に筋トレがブームのようになっていますね。 町を見回してもジムなどがいくつも見付けられます。 腰痛や転倒防止などにも筋トレが必要などというお医者さんもいます。 でも、筋トレをしている人でメチャメチャ背の高い人っていませんよね。 筋肉を鍛えてる人に限って怪我や病気になりやすくもあります。 とくに、成長期の筋トレは無益どころか、有害ですので、部活などでは禁止した方が良いのではないか、と思っています。
  • 2020/09/06
    三島市内の花粉症でお悩みのあなたへ 花粉症の方は首から胸、肋骨あたりが硬く緊張しています くしゃみや鼻水、涙、咳といった症状はその緊張をとるためのカラダの手段なのです それを薬で抑えてしまうとカラダをゆるめられないままになり どんどん悪化していってしまいます ゆるめる整体でからだがゆるむと症状が軽減されますよ
  • 2020/09/06
    仕事がしんどい 疲れ切ってもう何もしたくない でも頭が冴えてしまって色々なことを考えてなかなか寝付けない だからといって寝酒をすると睡眠の質は下がります そんな時スイッチを切り換えてグッスリ眠れる体操を伊豆の国市の整体院がお伝えします しかもメタボなお腹も引き締められるのです
  • 2020/09/06
    沼津・伊豆の国市の整体院からはだふくらかの考える整体についてお伝えします
  • 2020/09/06
    一生マスクをして生きていくつもりですか? ウイルスは生物でもなく、無生物でも無い、存在だと言われます。 それは一体どういう存在なのか? 報道も、医者も、スポンサーの意向に反することは出来ません。 WHOだって、製薬会社から多額の資金援助を受けています。 今、世の中は製薬会社が儲かるようにしか動いていません。 情報も全て、製薬会社に不都合なものは表に表れていないということを理解しないと、いつまでもマスクをしたままになりますよ。
  • 2020/09/06
    アトピー性皮膚炎の方はカラダが冷たく、硬くなっていて、熱が出にくく、循環の機能が少し下がっています。 夏はゆるみやすく、体温も上がりやすい季節です。 熱と汗は解毒作用を高め湿疹を消してくれます。 アトピー性皮膚炎の克服に取りかかるのに、うってつけの季節です。 学生さんなら夏休みでもあるので、通いやすくもあります。 アトピー性皮膚炎克服には暑い季節の今がチャンスです。
  • 2020/09/04
    妊娠中には浮気が増えるだとか、最近は出産後の夫婦の不仲を“産後クライシス”などと名付けるくらい、問題になってきてます。 本来は、嬉しい、悦ばしいはずの妊娠、出産が一転して哀しいことになってしまうのはどうしてなんでしょう? この時の一番の犠牲者は、産まれたこと自体を後悔させられる子どもです。 この十字架を一生背負って生きなければならないのです。 伊豆の整体院から、身体の面から見た、産後クライシスにならない方法をお伝えします。
< 1 2 34 5 6 7 8 >

沼津の整体・からはだふくらかは、身体と心を健康に保つことの大切さや、整体の有効性を発信しています。
たとえば、精神と肉体は決して別の存在ではありません。
気持ちが落ち込むと、それに伴って身体の調子が悪くなったり、痛みが生じたりすることも珍しくないのです。
ですから当サロンでは、筋肉をゆるめる施術として仙骨療法の元祖であるMRTを取り入れています。
MRTで身体と心をゆるめる整体を。
また、サロンを経営されている方に向けて、MRTの講座も開催しておりますので、ご興味がおありでしたらぜひご連絡ください。