NEW PAGE
沼津の整体・からはだふくらかが発信する情報

  • 2020/12/21
    スポーツが上達する方法、ケガをしない方法、素早く動く方法、力強くなる方法、身体がやわらかくなる方法、これらすべては同じただ一つの身体の法則を知っていることで達成できます。一流の選手になりたいと思うのなら知っておかなければなりません。
  • 2020/12/21
    死んだ方がマシ? もう死んじゃえば悩みも何もかも無くなって、良かったですね、なのかもしれませんが、できれば、その前に解決したいじゃ無いですか? 悩みのタネはどこにある? 人間関係って すべては在るべくして在る ワガママ? 整体で考えるイヤなものとは? じゃあ、どうするか
  • 2020/12/21
    小さい頃から仮面ライダーが好きでして 1号2号V3とあと555が好きです。 今も録画して観てます。 戦隊ものも一緒に観てます。 まあ石ノ森章太郎が好きなので、仮面ライダーに限らず サイボーグ009だとか キカイダーとか 佐武と市とかHOTELを読んでる時期もありました。 でやっぱり石ノ森章太郎といえば サイボーグ なんです。
  • 2020/12/21
    私たちが行う全てにおいて、身体と関係していないことは一切ありません。 全ては身体行動です。 ということは、全てにおいて、個性的な動きにしかならないし、その一挙手一投足に文化というものが現れます。 指一本、動かすのも、目で何かを見ること、匂いを感じること、音が聞こえること、すべて身体の動きです。
  • 2020/12/16
    衣服にゴムが使用されるようになったのは、ほぼ戦後です。 それまでは猿股から何から紐でしたし、帯でした。 伸縮性のある素材が衣服には無かったんですね。 今は、それこそ、伸縮性が無ければ着ない、着られない、という方もいらっしゃるかもしれません。 寝る時にも圧着して、むくみ解消、などという商品もあります。 ですが、このゴムというのは結構クセ者でして、まずは、あなたの不調はこのゴムにも原因があるかもしれませんよ、という話から始めていきます。
  • 2020/12/14
    腸内環境を整える、ということは、よく働いてもらいたい菌のエサになる物を良く摂り入れる、ということです。 新しい菌を入れることが、腸内環境に与える影響は、ただただ、バランスを崩してしまい、身体の調子は悪くなるだけになります。
  • 2020/12/14
    人間の身体に椅子は適わないのです。 人間は、無謀にも重力に逆らって、立ち上がりました。 想像していただければ分かると思いますが、この時、最も重力干渉を受けにくいのは、直立か、寝るか、の2つしかありません。 腰掛ける、という体勢は、身体への負荷が大きくなるのです。
  • 2020/12/08
    日本の音楽と西洋の音楽とではロジックが全然違うのに、学校では西洋音楽を学び、それがみんな基礎として身に付いてしまっているために、本当の日本の音楽には触れることができなくなっています。 だから、どんなに優れた三味線奏者や、和楽器の上手が現れたとしても、それは西洋音楽の中での上手になります。
  • 2020/12/07
    除菌だの、抗菌だのと、気軽に耳にしますが、私たちの身体は菌に護られています。 納豆も、キムチも、ぬか漬けも、ヨーグルトも、パンも、味噌も、醤油も、みんな菌です。 お腹の中に菌が居なければ、食事もエネルギーに替えることが出来なくなります。 キレイ、と、キタナイ、の基準を今一度、考え直してみませんか?
  • 2020/12/01
    出産は、女性が美しくなるための大きな機会でもあります。 病気でも、出産でも同じなんですが、その最中ではなく、最後をどうするか、で身体は180度別なものになります。 妊娠するまでは、とてもスリムだったのに、出産後、太ってしまうというのは、この産後の過ごし方を間違えたからです。 でも、自然はどうして経産婦が、より美しくなるようになっているんでしょう?
  • 2020/11/20
    身体の中には、太古の海と同じ成分の水分が、60%~70%あると言われています。  【からはだふくらか】の手当ては、滞っている箇所を通し、循環を良くすることのみを 目的としています。  身体は必ず、良くなるための働きしか、しません。  今の身体の状態は、これまでの生活によって、出来ています。  これからの身体は、今からの生活によって、作っていくことが出来るのです。 
  • 2020/11/19
    整体的な考え方による子育ての方法は、一般的にいわれていることと違う部分があります。 身体に対する考え方が違うからです。 赤ちゃんを未熟な存在と見るか、完璧な存在と見るか。 病気になりやすいということの意味。 快く、愉しく、悦びに満ちた毎日を暮らすための整体的子育て方をお伝えします。 今回はお風呂の入れ方です。
  • 2020/11/17
    運動をすれば温かくなって、薄着になった方が、心地良い、ということもありますね。 赤ちゃんは、エネルギーの塊のような存在なので、大人より体温も高いですし、動き回るので、「子どもは風の子」と言われました。 最近はあまり耳にしないような気がしますが。 寒い季節。 赤ちゃんが風邪を引かないように、どういった服装が良いか、というお話です。 まあ、初めにお伝えしましたように、赤ちゃんはそもそもが熱源のような存在。 大人の肌感覚で考えると、間違いますので、気を付けましょう。
  • 2020/11/12
    おむつを着けさせているのは、100%大人の都合です。 育児っていうのは、赤ちゃんが主役です。 育っていくのをアシストするのが親の役目。 おしっこをして、うんちをして、熱を出して、発疹が出て、吐いて、、、ってこれは全て、全力で活動している証しです。 元気に産まれて静かに死んでいくのが生命の理です。 死に近づいた、大人しい赤ちゃんが、良いと思いますか? 赤ちゃんは、ロボットじゃなくて、生命ですよ。
  • 2020/11/03
    別に痛みは無いけれど、足の裏に固いマメやタコがある。 すでに、その時点で、立ち方がおかしいということですので、今は何とも無くても、将来、膝や、股関節、腰、などが痛くなったりと、不調の要因になり得ます。 そして、そのマメやタコがあることで、さらに立ち方はおかしくなり、アレルギー、内臓の不調、脊椎の側湾、うつ、などへつながっていくことも、充分に考えられます。 足元が歪めば全て歪み、、歪みは血液、リンパ、脳脊髄液、間質液の循環を悪くして、身体の良くなる力、修復する力、活力が奪われてしまいます。
  • 2020/11/02
    これから大切になってくるのは、本当にやりたいことをやっていく力です。 そうして、進んで行く間に様々な仲間や、応援してくれる人たちと出逢い、さらに進んでいく原動力となっていきます。 今までは、誰かに寄り掛かる人間を造ることで、求められるものを生み出してきましたが、これからは、お互いが自分の足でしっかり立ち、歩く中で、協力して一緒に歩んでいく、そんな世の中になろうとしています。 自分の足で立つ力が必要になるのです。
  • 2020/11/02
    ナゼ、動物は歯を磨かないのに、人は歯を磨かなくてはいけないのでしょう。 考えてみたことがありますか? 何となく、そういうものだから、と理由など考えないかもしれません。 私は小さい頃から、歯を磨くのが大嫌いだったので、なぜ、歯を磨かなくてはいけないのか? とか、どうやって磨くのが、正しいのか? ということを常々考えてきました。 そして、やっと答えらしきものにたどりついたので、みなさんにもシェアしたいと思います。
  • 2020/11/01
    歯磨きギライの、私が辿り着いた、正しい歯の磨き方とは? 小さい頃は歯磨きが大嫌いでした。 その割に、それほど歯医者に通い詰めることもありませんでしたが、もっと歯医者に行かずに済むようにと、しばらくは、テレビを観ながら、風呂につかりながら、本を読みながら、30分から1時間も歯を磨くようになっていました。 そのせいで、歯と歯茎を削ってしまっていたのですが、最近、歯磨きの意味を正しく認識することができ、今では、5分もかからなく、しかも、虫歯、歯周病とは無縁になっています。 その方法をお伝えします。
< 1 23 4 5 6 7 8 >

沼津の整体・からはだふくらかは、身体と心を健康に保つことの大切さや、整体の有効性を発信しています。
たとえば、精神と肉体は決して別の存在ではありません。
気持ちが落ち込むと、それに伴って身体の調子が悪くなったり、痛みが生じたりすることも珍しくないのです。
ですから当サロンでは、筋肉をゆるめる施術として仙骨療法の元祖であるMRTを取り入れています。
MRTで身体と心をゆるめる整体を。
また、サロンを経営されている方に向けて、MRTの講座も開催しておりますので、ご興味がおありでしたらぜひご連絡ください。