「かいふくRadio」放送中!

FMいずのくにで第4火曜日16時より、「かいふくRadio」放送中!

ネットでも聴けます。


PCはコチラから

FMいずのくに

iPhone・iPad版(iOS版)はこちら

Android版はこちら

 

次回は1月26日です。

冷え
靴下を履くのは間違い

過日、FMいずのくにの

「ヨドミィ山田のナイトジャック!!」

という番組にゲストとして呼ばれ、お話しさせていただく

機会をいただきました。

 

その中で話題になりましたのが、

 

冷え。

 

冷えを予防しようとして、何枚も靴下を重ねてみたり、腹巻きをしたり、というのはあまり宜しくありません。

 

小さい頃から、腹巻きをし続けていると、腹巻きが外せなくなる、という話を聞いたことがないでしょうか。

 

 

 

「じゃりン子チエ」のテツがそうですね。

 

すでに、冷えてしまった処を温めるのは、やった方が良いですが、冷える前に予防策を講じることは、身体の“温めるという機能”を、使わないようにしてしまうことになるから、望ましくありません。

靴下
身体は使えば強くなり、使わなければ衰える
  • 01
    身体はナマケモノ

    外から、身体の機能を補おうとすると、身体は、「もう働かなくて良いんだ」と判断してしまうので、その機能は衰えていってしまいます。

     

    「転ばぬ先の杖」は、大切な気がしますが、本来、身体は何も無い状態でも、完璧です。

     

    杖が無いと歩けなくなってしまうより、杖が無くても歩ける方が良いですよね。

     

    薬や、コマーシャルされる商品のほとんどは、身体の機能を衰えさせ、それ無しではいられなくさせるものばかりです。

     

    本当にそれらは、必要でしょうか?

     

    そうではなく、機能が能く使えるように、促すことが、大切なんです。

     

    冷えを予防して、外から温めてしまうと、自ら温まろうとする力を削いでしまいます。

     

    ずっと冷え対策をして過ごさなければならなくなるのです。

  • 02
    アイシングの間違い

    野球の投手が、試合後など、肩を冷やす場面を見るようになりました。

     

    何故冷やすのか、わかりますか?

     

    冷やすと血管が収縮して、炎症を抑える?

     

     

    そうではなく、冷やせば身体は、温めなきゃ!

    と考えます。

     

    そのため、血や体液が集まり、修復が促されるのです。

     

    ですので、冷やす場合は、一旦冷やすことで、発熱を促しているのだ、と理解する必要があります。

     

    いつまでもずっと、冷やしている人が、結構多いようですが、それだと、いつまでたっても、修復に入れませんので、イタズラに治りを遅くしている行為といえます。

     

    なので、初めから温めても良いんですよ。

     

    ただし、冷やすことは、感覚を鈍らせて、痛みを和らげるという、効果もあります。

     

    初めから温める場合、痛みは強くなると考えて良いかと思います。

     

    ですが、火傷なども、初めから温めた方が、かなり痛いですが、経過はより良くなります。

     

    シップの冷感、温感も同じです。

    最初に冷やすか、最初から温めるかの違いだけです。

     

    気持ち良い方法を選ばれると、良いかと思います。

  • 03
    補うのでは無く、促す

    冷えの対策も同じで、身体が温めよう、と考えてくれる方法を取らないといけないということです。

     

    弾みをつけることは良いですので、足湯やヒジ湯などは良いですよ。

    これは45℃程度の熱めのお湯で、またはギリギリ耐えられる熱さの蒸しタオルで、お腹を温めたりするのも効果的です。

    水分を含む熱は、奥まで浸透しますので、お湯や蒸しタオルが効果的になんです。

    帯裏
    第1章 なぜ、あなたは病気や痛みに悩まされ続けるのか
    第2章 すごい熱刺激が体によく効くしくみ
    第3章 熱刺激の効果が高まるやり方のコツ
    第4章 病気や不調が「勝手に治る体」とは
    第5章 弱った体を強くするすごい熱刺激
    こんな症状まで治った!
    症状別すごい熱刺激

     

    靴下は、どんなにゆるくても、循環を阻害する働きを持っています。

     

    参照

    『アレルギーなどの原因のひとつはパンツのゴム?』

    『お伝えしても、まず皆やらない“最強の健康法”とは?』

     

    それに、足の裏は、かなり呼吸もします。

    靴下があれば、汗をかいて、湿らせ、さらに冷やすことになります。

     

    どうしても、何か着けたいということなら、靴下より、レッグウォーマーのような、足首だけを温めるものの方が、良いですね。

     

    ただ、こういったものも、冷えたから、温める、と言う使い方をして、温まったら、すぐに外すことが肝要です。

    いつまでも着けていたら、予防しているのと同じことになってしまいますからね。

     

     

    冷え性は、脚の循環不足です。

    最大の原因は食べ過ぎ、糖の摂り過ぎです。

    体質改善ということを考えるのなら、食生活を改めなければ、ここまでお伝えしてきたことも、対症療法にしかなりません。

     

    また、とにかく、今ツラいから、どうにかしたい、という場合には、手当てによって、一時的に循環の改善も出来ます。

    そこで、食生活の改善方法などもお伝えできます。

     

    本当に、改善したいのであれば、ご相談ください。

    お気軽にどうぞ。(^^)/~~~

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

生理の悩み、不妊、妊娠中のお身体の悩み、育児中のご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 10分ほどです。→https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00410693/00067972/0/ ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム