日本は世界一セックスレスな国

2005年英国のデュレックス社という、コンドームの会社が、世界41カ国31万人を対象に行った調査結果で、年間のセックス回数トップは

 

ギリシャ 138回。

 

世界の平均が103回のところ、

 

日本は45回だとか。

 

週一もない計算になります。

 

さらに、女性の性機能障害で最も多いのが、「ワギニスムス」という「性交痛」、「性的疼痛障害」。

 

男性は「勃起障害」。

 

愛しあう行為によって、気持ち良さを感じられない。

 

気持ちも良くないことを、ましてや痛みを伴うような行為をしたいと思わないのは、ある意味で当たり前ですが、それは全世界に共通した話ではりません。

 

ナゼ、日本に顕著なのでしょう?

 

こちらの本を参考に見て行きたいと思います。

もくじ
まえがき-現代のやまとなでしこたちへ-
第1章 あなたは女性としての資質を失いかけている
 セックスが気持ちよくない、満足できない現代女性たち
 日本は世界一セックスレスな国!?
 運動科学者がなぜセックスを語るのか
 受身は卒業して、もっとセックスに貪欲になろう
 現代の女性は体が機能不全!? 原因は日常生活のストレス
 ストレスはもはや飽和状態!? 順調なカップルも要注意
 本来あるべき男の体、女の体とは?
 ひと昔前までは“生活労働”を通して運動能力が鍛えられた
 強くしなやかで、美しい体を持っていた江戸時代の女性たち
 身も心も強く体の能力が高かった、ひと昔前のやまとなでしこたち
 月経中もてきぱきと質量豊かに運動していた女性たち
 チェーン出産と労働でしなやかな筋肉を培った母親たち
 スタイルはよくなったが、身体能力が低い現代女性たち
 現代女性が抱える身体的な問題点とは
 女性の美しさと充実したセックスに必要なのは上質な筋肉
第2章 満たされていない現代女性が抱えるセックスの悩み
 現代人のセックスは、幼稚なセックス!?
 「しない女」「できない女」が増えている!?
 体はこり固まり、感度が低下しつづける現代女性
 感度が低いから、強い刺激を求めてしまう
 いいセックスには自律神経のバランスが大事
 美ホルモン「エストロゲン」の分泌は自律神経に左右される
 体をゆるませることで現代人の危機的状態は救われる
 セックスで心身ともに満たされていた昔の女性たち
 体がゆるめば、すべてが解決する
 ワギニスムスは女性の心の叫び
 バイアグラや潤滑ゼリーは問題解決にならない
 ワギニスムスも体をゆるませることで改善へと導くことが可能
第3章 「愛しあえる」女性になるためにできること
 自分の体を知り、自覚する
 体のこりに気づくことで見えてくること
 体をゆるめることで、心と体の声が聞こえるようになる
 インナーマッスルは、女を果てしなく美しくする
 磨くべきはテクニックや駆けひき術でなく“肌”
 心の許容範囲を広げて現代の“あげまん”になる!?
 大腰筋を使って颯爽と歩く女性は美しい
 知っていますか?着物を着ることで女性の魅力はアップする
 昔は日常動作でインナーマッスルが鍛えられた
第4章 深くつながっているセックスと月経
 知っていますか? 月経血コントロール
 女にとっての悪いセックスと悪い月経
 月経血コントロールとセンター
 月経血コントロールで官能的な体ができあがる
 月経血コントロールで身体がこのように変わる!
第5章 女性をとりまく問題と男性の危機的状況
 男としての機能が衰えた現代男性たち
 男性は男根以外は固くしてはいけない
 ありすぎる情報、間違った情報が男性を混乱させる
 現代男性が抱える暗くて深刻な問題とは
 男に愛でられ、愛されるべき体を持っていた女性たち
 触りたくない、触られたくないというバッドスパイラル
 じわじわ増えつづける男たちの病ED
第6章 理想のパートナーと心身ともに満たされるために
 じっくりと愛撫を重ねていく 情熱的で女性が好むトレッキング型
 現代人のライフスタイルにピッタリ ストレートな欲望が爆発するアミューズメント型
 生活のなかにセックスがある 触れ合うことの大事さを再確認するオールライフ型
 悩みが即解決、セックスに効く体づくり
 体をゆるませるとセンターが形成できる
 理想的なセックスは男女のセンターが合致している
 誰でも気軽にできて即効性がある“ゆる体操”
 「今、フェロモンが出ている」と彼の興奮から実感
 自分に自信がなくなり夫婦生活が苦痛に
 疲れる、面倒だと思っていたセックスが楽しくなった
 二人で“ゆすり、ゆるめる”と効果は倍増
 体の内と外からきれいになる“ゆる体操”
 本質的な体の目覚めということが、今の時代求められている
 男も女も相手次第、得られる快楽には段階がある
あとがき

本書は二〇〇八年、ビジネス社刊行『愛しあうからだ』の新装改訂版です。
身体の固さが、セックスレスを生み出している
  • 01
    気持ち良いから、欲求が生まれる

    この本では春画についても語られています。

     

    私たちが見ると、

     

    あり得ない!

     

    と思ってしまうような体位の絵が多いですよね。

     

    軟体動物かのように、からみ合っていたりします。

     

    ですが、著者は、あの体位は、実際に「彼らにはできていた」と言い切ります。

     

    現代の私たちの身体と、まったく違い、ゆるんでいたから、密着することができ、密着することで、一体感が生まれ、悦びとなるのだ、と。

     

    固まった身体では、密着もできず、一体感は生まれにくくなります。

     

    それに、固い身体は、皮膚感覚も鈍いので、二重三重に快感を得られないのが、今の私たちの身体なのです。

     

     

     

  • 02
    気持ち良くなければ、欲求は生まれない

    これはもちろん、男性側にも言えることで。

     

    本来なら、全身で、気持ち良さを感じられるはずが、ただ性器でしか感じられなくなっているので、挿入一辺倒になり、なおさら女性に対して、痛みを感じさせるだけになります。

     

    「ワギニスムス」の最大の原因は、身体がゆるんでいないことなのです。

     

    身体が固くなる原因として考えられることは、そもそも、身体を動かす機会が大幅に減っていること。

     

    歩くにも、荷物を運ぶにも、ほぼ人力しかなかった時代と、現代社会とでは、その基本がまるで違います。

     

    一方では便利になったお陰で、スピードが早まり、即座に決断しなければならない状況が、次から次へと洪水のように押し寄せてくるために、常に緊張が強いられて、ゆるんでいるヒマがなくなっています。

     

    そして、空気を汚し、水を汚し、街中、家の中まで電磁波だらけ。

    食べ物も、肌に付けるものも、化学的に合成された、自然でないものだらけ。

    放射線、薬、農薬、、、、。

     

    これだけ、身体に悪いものに囲まれていれば、固くなっても仕方ありません。

     

     

    さらに、今年は、濃厚接触が悪いことという、誤った認識が拡がりつつありますので、昨年、過去最低だった出生数は、さらに大幅に数を減らすことは、確定的です。

     

     

     

  • 03
    子どもを産せなくなった生き物の未来は・・・

     

    パンツ様の下着がなかった時代。

     

    月経血の処理は、小水と同様に、厠でしていました。

     

    溜まったらトイレで出す、ということです。

     

     

    本来女性は、妊娠出産によって、どんどん身体機能があがっていくハズなのですが、やはり、現代の固まった身体の、女性にはできません。

     

    整った身体であれば、つわりも、陣痛も、ごく軽く、また月経痛などもありません。

     

     

    触れ合いという、人間が生きて行く上で、とても大事な部分を、抑圧されてしまったことで、さらに多くの方が、身体をゆるめることが出来なくなっています。

     

     

    新政府は、不妊治療に尽力する、と言っていますが、普通に妊娠できる身体であれば、そもそも不妊治療は必要ありません。

     

     

    そして、セックスを気持ち良く感じられるのであれば、どれだけ止められたとしても、してしまいます。

     

    身体をゆるめることが、実は少子化対策の、重要なひとつなんですね。

     

     

     

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

生理の悩み、不妊、妊娠中のお身体の悩み、育児中のご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 10分ほどです。→https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00410693/00067972/0/ ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム