用語集
沼津の整体・からはだふくらかの外反母趾ケア

MRT

筋肉をゆるめるテクニック

 

佐藤青児考案による「さとう式リンパケア」の内から筋肉をゆるめることに特化した技術

 

筋肉は縮まり固くなると

吸収・排泄がしにくくなるので

循環が悪くなる

 

ゆるめてフワフワにふくらますことで

酸素・水分を取り入れやすく

老廃物などを排泄しやすく

循環が良くなる

 

すると筋肉のパフォーマンスが上がり

動きやすくなるので動きたくなり

活動的になり元気が出る

という良い循環になっていく

 

筋肉をゆるめるに8つの条件をさだめており

ふれる

ゆらす

息を吐く

力を入れて力を抜く

上下左右のバランスをとる

同期同調

ゆるい言葉を使う

揉まない・押さない・引っ張らない

沼津の整体・からはだふくらかでは、外反母趾ケアにもMRTを用います。
MRTとは仙骨治療の元祖で、身体の筋肉をゆるめる施術のこと。
なぜなら、外反母趾とは骨の歪みや腫れ等が原因ではなく、周辺の筋肉が緊張して指を外側に引っ張っている状態だから。
同様に、内反小趾も筋肉の緊張が原因です。
そのため、外反母趾のケアには筋肉の緊張をほぐすことがなによりも大切。
ですから、身体と心をゆるめるMRTによる施術が効果的なのです。
からはだふくらかではまずMRTで全身の筋肉をゆるめ、それから外反母趾のケアを行っていきます。