用語集
沼津の整体・からはだふくらかの外反母趾ケア

リウマチ

膠原病の一種です

代表的なものに

・全身性エリテマトーデス(SLE)

・全身性硬化症(強皮症)

・多発性筋炎(皮膚筋炎)

・結節性動脈周囲炎

・慢性関節リウマチ

・リウマチ熱

の六つがあります

症状としては

原因不明の熱がよく出ます

関節や筋肉の痛み、うずき、こわばり、神経痛のように走る痛み

なども特徴

顔や手足、首、胸、背、腹など体のさまざまなところに紅斑や結節ができることもあります

髪の毛がよく抜けたり

手が真っ白になるレイリー現象が起こったり

心臓や肺、消化器、腎臓、脳神経、目、鼻などにも影響は及んでいきます

沼津の整体・からはだふくらかでは、外反母趾ケアにもMRTを用います。
MRTとは仙骨治療の元祖で、身体の筋肉をゆるめる施術のこと。
なぜなら、外反母趾とは骨の歪みや腫れ等が原因ではなく、周辺の筋肉が緊張して指を外側に引っ張っている状態だから。
同様に、内反小趾も筋肉の緊張が原因です。
そのため、外反母趾のケアには筋肉の緊張をほぐすことがなによりも大切。
ですから、身体と心をゆるめるMRTによる施術が効果的なのです。
からはだふくらかではまずMRTで全身の筋肉をゆるめ、それから外反母趾のケアを行っていきます。