2020年の未成年者の自殺数は前年を上回りました

2020年の、日本全体での死亡者数は前年を2万人ほど下回りました。

これは、2009年より毎年増え続けてきた、高齢化社会としては、とても不思議な現象です。

ですが、その内訳を見てみると、自殺は前年を大きく上回っていることが分かります。

 

以下『子どもの自殺大幅増加 コロナ禍で何が』より

 

厚生労働省の発表によると、11月に、全国で自殺した小中高校生は、合わせて48人。

去年11月の26人から2倍近くに増えました。

自殺した人が前の年を上回るのは6か月連続です。

4月から11月までの期間では、329人と、去年の同じ時期より73人、3割近く多くなっています。

  • 01
    死について考えること

    私は高校のとき、とにかく自分がイヤでイヤで仕方がなく、毎日のように、死について考えていました。

    成長期や、第二次性徴では、身体の成長や、大きな変化に、心がついていけず、バランスが崩れる、などということも言われます。

     

    例えば、お腹が痛くなって、すぐにでもトイレに駆け込みたい、というときに、呑気に話しかけられても、受け答えはできませんよね。

    身体の状態が、心に影響を与えるのは、当然の話ですので、そういうこともあり得るのかもしれません。

     

    成長することの中で、バランスが崩れ、死にたくなる要素があったとしても、それが実際の行為にまで結びつくとは、なかなか考えにくいのではないでしょうか

  • 02
    いじめる心

    イジメというのは、決められた枠組の中で排除できないと知りながら、排除しようとしたり、攻撃する行為ですね。

     

    人間以外の動物では、オス同士が、メスを獲得するために争う、ということは起こります。

    イジメも同性間で起きる場合が多そうですが、必ずしも異性に対しての、交渉権を獲得するための行為とは違うように映ります。

     

    イジメと自殺は、他者と自分という違いはあるものの、非常に攻撃的である、という点は同じです。

    そこに、この2つの問題を考えるヒントがあるのではないでしょうか。

  • 03
    エネルギーの余剰が攻撃を生む

    人間は便利な世の中を望み、そして実現させてきました。

    便利とは、身体を動かさずに済み、頭を使わずに済むこと、です。

    機械が考え、機械が何でもやってくれるから、何もすることがなくなってきた。

     

    その反面、いつでも、食べるものが、身の周りにある。

    使わないのに、摂り入れることがいくらでも出来る状況になると、どうなるでしょうね。

     

    圧倒的に身体を動かす機会が減り、そのくせ、大量に食べるものがある状況で、起きることは、ヒマ潰しです。

    エネルギーはどんどん補充されるのに、使わないから、エネルギーが余って仕方が無くなっているんです。

     

    生きていくことに精一杯のとき、余計なことをしているヒマはありません。

    いろいろなことを考えられる、余裕がある、ということです。

     

    お腹が空いて、死にそうに感じている時に、死にたい、とは考えません。

    誰かをいじめている余裕なんて、ありません。

2020年はコロナで、エネルギーを発散する機会を奪われました

2020年になぜ、未成年の自殺が急増したのか、ということを考えると、新型コロナウィルスが蔓延して、もう、生きていく望みが無くなったから、と、考えるのは、少し無理がないでしょうか。

経営難で、経営者が、というのなら、納得もできますが、未成年者に関しては当てはまりにくいと思います。

 

子どもの自殺大幅増加 コロナによる生活変化が影響か

子どもの自殺大幅増加 コロナ禍で何が

 

それよりも、移動を制限され、学校にも行きにくい様な状況で、食べるものだけはあるけれど、発散する機会を奪われてしまったために、余計にエネルギーが溜まりすぎて、爆発してしまった、と考える方が、説明がつきやすいように感じます。

足るを知る
自殺といじめをなくす方法

さかなクンは、魚でもイジメは起こる、と言います。

彼は、狭い場所に閉じ込めておくと、イジメが起こるから、広い大海に放てばイジメはなくなる、と言いました。

これも、狭い場所で、食べる苦労が無くなると、イジメが起こり、自然の状態で、食べることに必死になっているときには、イジメなどしているヒマはないんだ、

と読み解くことができます。

 

欧米は肉食だから、攻撃的で、日本は野菜が中心だから優しくなる、などと言われたことがありますが、ヒドイ言い種ですね。

そうではなく、食べることに余裕があるか、どうか、という方が、正しいのではないか。

 

動物は空腹状態が基本で、この時に生命力が高まります。

頭も冴え、身体も動ける状態になります。

 

つねに食べている、お腹に何か入っている時、余剰が生まれます。

整体では、病気も余剰エネルギーの発散と見ます。

フツーに3食食べることは、すでに食べ過ぎなんです。

 

その余ったエネルギーが、文化や芸術などの創造に向かう、という側面もある一方で、破壊や攻撃に向かう、ということもある、ということです。

 

成長期だから、と、食べさせ過ぎないよう、いつでも食べられる安心感を持ちつつ、余計なエネルギーを溜め込まない、ということが意識できれば、自殺やいじめといった、悲しいことは減っていくと考えられます。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 10分ほどです。→https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00410693/00067972/0/ ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム