骨粗鬆症には牛乳?

骨粗鬆症、という症状がありますね。

私の祖母は、晩年、これで悩んでいました。

 

高齢の方に多い様に思いますが、最近は子どもさんにも増えてきているようです。

 

 

カルシウムが足りないからと、牛乳を飲まれる方も多いかと思いんですかね。

 

でも、統計を見ると、乳製品をよく摂る、北欧地域の方が、骨粗鬆症が多いそうですよ。

 

まあ、北欧だと、日射が弱いので、ビタミンDが、不足しているから、なのかもしれませんが。

身体は必ず、良くなるために働いています。
  • 01
    なぜ骨が弱くなるのか?

    何かを摂取することで、不足を補おう、という考え方は、それはまあ、フツーの考え方なんでしょうが、では、その、身体に必要だ、という、この“必要性”が、頭で考えたものなのか、身体が求めているものなのか、ということで、話はかなり変わってきます。

     

     

    身体が求めてもいないものを、一所懸命に食べたり、飲んだりしたところで、吸収してくれるかどうか、というのは、身体の問題なんです。

     

     

    骨粗鬆症で、骨が脆くなってます。

     

    それは、ナゼなんですか?

     

     

    という部分が大切だ、ということです。

     

     

     

     

    ちょっと考えてみましょうか。

  • 02
    いかがでしょう?

    私の考え方としては、骨が強くある必要が無いから、または、他をカバーする必要があるから、カルシウムが、そちらに移動している、となります。

     

     

     

    カルシウムが、骨を強くする、ということは、そうなんですが、骨だけが、強くなるわけでもないんです。

     

     

     

     

    からはだふくらか】にお越しいただく方は、基本的に、身体の中の海の循環が、あまり宜しくない方です。

     

     

    筋肉が固くなっている方は、骨と筋肉が一緒になっちゃってる、そんな方も多いんですね。

     

    癒着しているような感じです。

     

     

     

    これは、筋肉を固く、鎧のように使っていることが原因です。

     

     

    つまり、芯を固くするのではなく、側を固くしている。

     

     

    これは、動物ではなく、植物の生存戦略ですから、当然、動きにくくなります。

     

     

     

    皆さん、ご自身で、植物になろうとしていながら、動きにくい、と文句を言ってるワケです。

    ウーム

     

     

     

    つまり、カルシウムは、固く使う筋肉を補強するために、骨から出て、筋肉に入っている、ということです。

     

     

     

    別にどこか、身体の外に出て行ってしまったワケではなく、骨じゃ無い部分で、ちゃんと働いてくれているんですね。

  • 03
    筋肉を骨にしないように

    野球のピッチャーが、プロアマを問わず、ヒジを故障することが、結構あります。

     

     

    軟骨がどうのこうの、って言いますね。

     

    ヒジの手術をされる選手も、少なくありません。

     

     

    ここまでお読みいただければ、この“軟骨”ってヤツが、何なのか、もうお分かりだと思います。

     

     

     

    ですから、ここで、本当に必要なのは、手術で軟骨を取り除くことではなく、そこに、そんなものが出来なければならない理由を 考えて、そこを修正する、ということです。

     

     

     

    痛みがある時というのは、身体の使い方が間違ってますよ、ということを教えてくれているんだから、そこを変えなければ、また、同じ事を繰り返すだけになります。

     

     

    余計にヒジに負担がかかるような、投げ方をしていることが、原因なんですから、原因を取り除かない限り、変わりようがない、ということです。

     

     

     

    これは、ガンを何度も再発する方にも、同じことが言えます。

     

     

    カルシウムは、また、筋肉と骨とを行ったり来たりするだけでなく、血管にも移動可能ですので、動脈硬化の原因のひとつとしても考えられます。

     

     

    骨を骨らしく、筋肉を筋肉らしく、血管を血管らしく、そういう風に、役割に応じた、使い方をしてあげれば、そんな、ややこしいことにはならないんですが、筋肉を骨らしく使ったり、結構、皆さんされてるんですよ。

     

     

     

    また、動かないで、ゴロゴロしているような生活が長ければ、カルシウムは別の働き場所を求めて行くのです。

     

     

    宇宙飛行士は、無重力の中にいますので、骨をあまり必要としません。

     

     

     

    ですから、帰還してきたら、軒並み骨粗鬆症になっているそうです。

     

     

     

    先に挙げた、北欧の方も、寒い地方だから、運動不足、ということも、原因に挙げられるかもしれませんね。

ケアと予防法
カルシウムを骨に蓄えておくためには

では、骨を骨らしく、カルシウムを骨に蓄えておくためには、どうしたらよいか。

 

 

 

これは簡単なセルフケアです。

 

軽くで良いので、頭に衝撃が抜けるように、カカトを踏みしめましょう。

 

 

あんまり強くすると、別の故障を引き起こすことになりますので、調整して下さい。

 

何十回もする必要もありません。

 

これが骨ですよ、と、身体に教えて上げる。

 

そんな感じで大丈夫です。

 

 

すでに筋肉が骨になりかかっているような方は、非常にお時間がかかるとは思いますので、【からはだふくらか】で、ゆるめるという方法もお考えいただいて良いかと思います。

 

 

ただ、痛いですけどね。

 

手術をせずに治したい、とお考えなら、ご連絡下さい。

 

 

別に不調でつらくて、毎日の生活が大変、という方で無ければ、セルフケアで、充分です。

 

あとは、日を浴びて、毎日を愉しく、過ごして下さい。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 10分ほどです。→https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00410693/00067972/0/ ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム