かいふく指南
沼津 三島 伊豆 調心整体【からはだふくらか】が不調の無い身体になるための情報を発信します

  • 2024/03/18
    FMいずのくにで「かいふくRadio」放送中! からだを丈夫に 健康で生きるヒントをお伝えしています   本放送は第2火曜18時より 再放送は第4金曜19時 毎月お贈りしています   お聴き逃し無く! 一押しポイント 世界一"ローリー・クック"の唄が聴けるラジオです! 沖縄が生んだ 唯一無二のPop'n Soul Singer Th…
  • 2024/02/23
    テニス肘は 指先手先にばかり力を入れて使うことが原因で 指先手先に力を入れる為には 肘が固定される必要が出てしまうからです これが進んでしまうと 骨の変形なども伴ってきます そうなると 改善にも時間が必要になってきます テニス肘に限らずですが 対処が早ければそれだけ 治るまでの時間も短くて済みます
  • 2023/11/16
    “治る”というのは 薬や治療の必要無く日常生活が贈れるようになることですが その前段として 「病気という体験を経て」 という注釈が付きます “元に戻る”と言った場合 プラマイ0にしかなりませんが “治る”と言うのは 体験を経て成長した状態を言いますので プラスに進んでいるということになります 私共の仕事は あなたが“治らない”道を選ばないで済むよう 注意申し上げることなのです 伊豆のかいふく指南処【からはだふくらか】は「治しません」が あなたは必ず“治ります”
  • 2023/09/24
    筋肉には縮める指令は出せますが 弛めるというスイッチは無く 縮んだままではポンプが働かず 循環が促せませんから 本来なら弛めて拡げなければならないのですが ストレッチは“引き伸ばそう”と考えてしまったのですね しかし 骨格筋と呼ばれる からだを 動かす筋肉が 骨と骨とを繋いでいるのですが その付着部はより固い腱が 容易に切れないよう伸びないようになっています なのに筋肉や腱が“引き伸ばされて”しまったら 関節がブランブランになり外れてしまい 動かせなくなってしまいます
  • 2023/08/30
    側湾自体の改善はそれ程難しいことではありません 捻れてるだけですから引っ張れば治ります ですが 時間が経過してしまうと からだ の他の部位がその歪んだ状態に適応してしまう為 例えばここまで視てきた若いお母さんなども 左右の肋骨の大きさが違ってしまっていて これは如何ともし難い そうならない内に 成長し切る前に側湾は改善する方が良いと言えます
  • 2023/08/21
  • 2023/06/10
    世の中には「どうしたら」良くなるかを教えてくれる情報が溢れています アレを食べると良い ココを揉むと良い コレをしろ ナニはするな などなど・・・ しかし 国民の70%が不調を抱えているのは どうしてでしょう? ナゼ体調が優れないのかを考えることなく 「どうしたら良いか」だけを求めても ゴールの無い旅に出るようなもので 偶然良くなる人はいるでしょうが 多くの方はさ迷い続けることになります かいふく指南処【からはだふくらか】は 向かうべきゴールをご指南させていただく場です
  • 2023/01/16
    子供の要求vs.大人の要求 子供は安心を得たいだけなんですよ 善悪は基準では無い 良い子も悪い子も同じ 子供は好奇心の塊ですよね 本当の大人の役目とは? 未来は子供の中にあり、大人は過去の蓄積からしか判断しません
  • 2023/01/02
    「食」というのは他者のいのちを引き受ける行為。 「性」は自分のいのちを次代に受け渡す行為。 いずれも「いのち」のバトンをリレーするもの。 日本人は満たされているけれど、壊れていっている。 子供を作りたいとも思えないし、作れる身体にもありません。 これから「食べられなくなる」時代に突入することで、日本は生まれ変われるかもしれません。
  • 2022/12/15
    我が家の猫たち ウチは別荘地で、普段は隣近所が居ません 居候している猫どもは、基本、出入り自由になっています 今居る全員雌です 上からハク、リュウ、シュカ 初めは雄のゲンちゃんが居ましたが、彼は旅立ってしまいました 歓迎されない猫と歓迎される猫の違いは 01 時折、何処からか雄が徘徊して参ります で、不思議な…
  • 2022/11/25
    親の役目ってのは何なんだ? 勿論、子供の成長を見守り、促すことですが、それは見た目だけは大きく伸びても、その実はひ弱で元気も無い自立出来ない人なのか、活き活きと元気を周りに与えるような自由自律の人物なのか。
  • 2022/10/31
    【からはだふくらか】は皆に健康になってもらうのが主目的ですので、本当に健康になってもらえる商品しか扱いません 薬は治ったら必要なくなるのが本当で、いつまでも服み続けなければならない薬ってのはオカシイんですよ 健康グッズも「健康になるためのグッズ」なんだったら、必要なくなるのが本当でしょう? それが「もうコレが無いと!」って思わせるんならそれは「健康グッズ」じゃなくて「不健康グッズ」だってことです
  • 2021/08/31
    「本剤の接種に際し、本剤の有効性及び安全性については今後も情報が集積されること を踏まえ、あらかじめ被接種者又は代諾者に最新の有効性及び安全性に関する情報が 文書をもって説明され、予診票等で文書による同意を得てから接種され」ていて、妊婦さんがしっかり、理解した上で、摂取に臨んでいるのなら、構いませんが、本当にちゃんと説明はなされているんでしょうか? 「妊婦さんも射ちましょう」という宣伝はしてるクセに、ここに書いてあるようなことは、調べない限り見つけられないようになっている状態を、ちゃんと開示している、と言うのは理屈じゃないですよね? でなければ、勝手に実験台にされて、もし何かあった際には、殺人や傷害、詐欺で訴えられてもおかしくないってことじゃないですか?
  • 2021/05/02
    ワクチン接種によるCOVID-19疾患の悪化という特定のリスクを開示するには、医療倫理基準を満たすために、特定の個別のインフォームド・コンセント・フォームと患者の理解度を示すことが必要です。 現在行われているCOVID-19ワクチン試験のインフォームド・コンセント・プロセスは、この基準を満たしていないようです。 COVID-19の世界的な健康上の緊急事態は、責任の所在が明らかになっている候補者のワクチン試験を早めることを正当化しているが、そのような早さは、COVID-19ワクチンのリスクに特有のインフォームド・コンセントの手順を高めることにさらに注意を払うことと矛盾していない。
  • 2021/03/11
    現代社会生活はうっかりすると、毒まみれになる可能性に満ち溢れています。 添加物、農薬、香害、薬、、、。 不妊治療を行う男女が増えているというのも、毒が溜まりすぎているから、妊娠できなくなっている、ということの裏返しです。 必要なのは、不妊の治療ではなく、妊娠できる身体になることです。 それには、まず、毒を減らすことがとても重要です。 そうでないと、、、。
  • 2021/03/11
    整体院の考えるダイエットは、無闇に体重を落とすことではなく、本来のあなたの体型に戻る、ということです。 一番、動きやすい、快適な状態というのは、誰かと比較したり、標準体重、みたいなものとは関係ありません。 不調になってしまったのでは、いくら体重を落とせたとしても、整体院としては失敗でしかありません。 スタイルアップ、スリムアップで、健康的な身体を手に入れていただきたいと考えています。 その為に押さえておきたいポイントは3つ。 脂肪の燃やし方。 リバウンドしないためには。 腸を軽くする。 です。
  • 2021/02/06
    2020年の、日本全体での死亡者数は前年を2万人ほど下回りました。 これは、2009年より毎年増え続けてきた、高齢化社会としては、とても不思議な現象です。 ですが、その内訳を見てみると、自殺は前年を大きく上回っていることが分かります。 中でも、未成年者の死因の上位は自殺が占めています。 なぜ、若者が自殺を選ぶのか、そこを考える時、いじめとの共通点が浮かび上がってきます。
  • 2021/01/24
    骨粗鬆症、という症状がありますね。 高齢の方に多い様に思いますが、最近は子どもさんにも増えてきているようです。 カルシウムが足りないからと、牛乳を飲まれる方も多いかと思いんですかね。 何かを摂取することで、不足を補おう、という考え方は、それはまあ、フツーの考え方なんでしょうが、では、その、身体に必要だ、という、この“必要性”が、頭で考えたものなのか、身体が求めているものなのか、ということで、話はかなり変わってきます。
< 12 3 4 5 6 7 8 9 >

沼津 三島 伊豆 調心整体【からはだふくらか】は、今ある不調を取り除くだけで無く、これから不調になりにくい身体になるための他では聴けないような情報をお伝えしています。


今、情報はそのほとんどが、経済に絡め取られています。

儲からない発信は偽物のレッテルが貼られ、誰かが儲かる情報が“正しい”と思い込まされています。

それが証拠に、これだけ巷に健康情報が溢れ、病院が建ち並び、医療の発展、医学の進歩が謳われているにも関わらず、国民の2人に1人はがんを発症し、アレルギー持ちで、ほぼ全てが何らかの不調を抱えています。

本当に正しい情報が発信され、医療が進んでいるなら、国民のほとんどが健康で無ければおかしいはずです。

 

偽物の“正しい”情報に誤魔化されないように、かいふく指南【からはだふくらか】は皆様に、本当に不調の無い身体になっていただくための情報を発信しています。

ご興味がありましたら、ぜひ隅から隅まで読み尽くしてみてください。

 

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。