腸内環境を整えるとは、どういうことなのか?

腸内フローラというのは、腸内にある様々な菌がお花畑の様子に似ている、ということから名付けられた、腸の中の、菌の森、というような意味ですね。

 

その腸内フローラ=腸内細菌叢は、菌ですから、身体と直接関係のない、部外者で、彼らに腸内に住んでもらうことで、吸収を助けてもらうという、共存関係にあります。

 

その菌は、羊水や産道、母乳、などによって摂り入れられ、生後まもなく、完成します。

 

一度完成してしまうと、その関係性を崩すということは、先ず不可能です。

 

腸内環境を整える、ということは、よく働いてもらいたい菌のエサになる物を良く摂り入れる、ということです。

 

新しい菌を入れることが、腸内環境に与える影響は、ただただ、バランスを崩してしまい、身体の調子は悪くなるだけになります。

me
菌は全身にいます

今は、

「菌イコール悪」

かのような雰囲気になっています。

 

何かの度に除菌して、あらゆるものを抗菌して、無菌状態こそが良い環境、とでも言わんばかりですが、本当でしょうか?

 

あなたの腸内に菌がいなくなったら、吸収できずに栄養不足で生きていけません。

 

口内にも、皮膚にも、常在菌がいてくれるお陰で、あまり好ましくない菌がやってきても、退治してくれるのです。

 

それを消毒して、除菌してしまえば、バリアを失った身体には、好ましくない菌たちが、良いように侵入できるということです。

蝶がはばたくと、ハリケーンが起こる
  • 01
    外来生物によって在来種が脅かされています

    外来生物が、在来種の生活環境を脅かしています。

    という話を聴いたことがあると思います。

    ブラックバスとか、ミドリガメ、セイヨウタンポポ、アライグマ、アメリカザリガニなどは、以前から言われていましたが、今は、もっと種類が増えて、とても書き切れないほどに外来の生物がやってきて、日本の生物の生態系が脅かされている、と言います。

    進化論の発想の基となった、ガラパゴス諸島も、外来生物が侵入してしまうと、固定種が危機になる。

    イリオモテヤマネコなども絶滅の危機に瀕している、など、何かひとつピースを足す、引く、というだけで、そこにある関係性は、全く別物に変わってしまいます。

  • 02
    遺伝子の関係性は、まだ未知の世界

    これは、遺伝子についても同じことが言えます。

    まだ、遺伝子の中のどれが、何に関係している、ということが分かってきた、というだけで、それらが、実際にどのように関係し合っているか、までは、皆目見当もついていないのが、現状です。

     

    そんな状態で、遺伝子を操作する、ゲノム編集をして、はたして、望むことだけの変化で済むのか、思いもよらない現象が起こらないのか、ということは、一切考慮されていません。

     

    自然の複雑さは、人間の浅知恵で容易に理解できるものではありません。

     

    盲腸だって最近になってやっと、役割があるらしい、ということが分かり始めてきました。

    一時期、胃ガンなどの原因と考えられていた、ピロリ菌だって、単純に取り除けば良いのか、ということは、まだ不透明です。

     

    自分たちの身体の中のことだって、まだまだ分からないことだらけなんです。

  • 03
    生きたまま蝶に届いてしまったら

    現代生活で、普通に三食食べている時点で、食べ過ぎになります。

     

    腸内を空にすることを、本当に意識している方以外、ほとんどの方は、腸内に3~15㎏ほど、食べた物を溜め込んでいます。

    腸内は空っぽであるからこそ、良い菌が働いてくれるのですが、ずっと溜まっている状態で働くのは、腐敗菌です。

     

    便が汚い、臭い、のは腐敗しているから。

     

    腐敗していなければ、単なる腸内細菌の死骸と、新陳代謝物と、食べカスなんですから、汚くも、臭くもないハズです。

     

    ヨーグルトで便通が良くなるのは、乳製品が人間の胃腸には適していないから、下しているだけのことで、乳酸菌が生きたまま、腸に届いてしまえば、腸内環境はガタガタに崩れて、便秘や下痢どころの話ではなくなります。

     

    乳酸菌が胃腸に良い、というのは、菌の働きではなく、酸性の食べ物によって、胃腸のpHが整って、働きが良くなるからです。

    とくに、便秘の方は、滞っている上に、さらに何かを摂り込んで、出るようになる、という考えに、どうしてなるのか。

     

    詰まってるのに、そこに入れたら、余計に詰まりがヒドくなる、と考えるのが普通ですよね。

     

    生き物は、全て関係し合って生きています。

    何かひとつを変えれば、全体が変わるほど、全ては複雑に絡み合っているのです。

     

    機械の部品とは違うんです。

    すべては有機的に関係し合っています。


    必要なのは、乳酸菌ではなく、腸内を空にすることです。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

生理の悩み、不妊、妊娠中のお身体の悩み、育児中のご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 10分ほどです。→https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00410693/00067972/0/ ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム