子どもは風の子

運動をすれば温かくなって、薄着になった方が、心地良い、ということもありますね。

赤ちゃんは、エネルギーの塊のような存在なので、大人より体温も高いですし、動き回るので、「子どもは風の子」と言われました。

最近はあまり耳にしないような気がしますが。

 

寒い季節。

赤ちゃんが風邪を引かないように、どういった服装が良いか、というお話です。

 

まあ、初めにお伝えしましたように、赤ちゃんはそもそもが熱源のような存在。

大人の肌感覚で考えると、間違いますので、気を付けましょう。

ファッションのためには少々の、犠牲も厭わない
子どもには無理をさせないように

今はおしゃれな方も増えて、冬は特に、子どもと一緒にファッションを楽しむ、というご家族も多いかと思います。

 

ですが、女性は特に、ファッションを重視する傾向が強い為に、身体にあまり良くないよな、という格好をされる方もいらっしゃいます。

本人も頑張って、着こなしているのだと思います。

 

でも、自分でそう決心して行動する分には、構いませんが、判断する情報が少ない子どもに、それを押しつける事は良くありませんし、成長期に無理をさせる事は、後々、響いてくる事になりますから、ぜひ、バランスを考えて楽しんでいただきたいと思います。

  • 01
    脳も身体も怠けたがり

    脳も身体も、とても怠けたがりです。

    身体を動かさなければ、あっという間に筋肉は落ちます。

    だから、体重を減らしたいのなら、食べず、動かず、重い筋肉を落とすのが、もっとも早道です。

     

    脳はそれ以上に怠けものなので、入ってくる情報は、意識しなければ、すでに「知っている」ことにして、インプットをしないようにします。

    見間違い、聞き間違い、が多い方は、脳が怠けているせいなんです。

  • 02
    与えすぎは、怠ける原因

    食べ物に気を使って、良いものを、食べようといっても、身体は必要な分しか吸収できません。

    生きていくのに絶対に必要な、酸素や水でも、過ぎれば毒にもなります。

    多過ぎれば、胃腸は怠けて吸収する力が怠けてきてしまいます。

     

    冷え性だからと、靴下を何枚も重ね履きする人もいるようですが、足裏は、熱をよく発散する場所です。

    その発散を邪魔するような壁を作ってしまうと、発散をしなくて済むように、足の熱を下げていきます。

    余計に冷えは進行します。

     

    寒いからと厚着をすれば、身体の温めようとする力が、怠けてしまうのです。

  • 03
    子どもを風の子に

    赤ちゃんは、エネルギーの塊で、体温が高い、動物です。

     

    動くものと言う意味で、動物である赤ちゃんと、本来の意味の動物との違いとして、汗をかく、ということがあります。

     

    汗は、水分が蒸発する気化熱を使って、身体の表面の温度を下げる役割を持っています。

    さらに、汗で衣服が濡れ、そのままにしておけば、水分は温度が下がり、今度は身体の内部の温度を奪います。

     

    エネルギーの塊のような赤ちゃんが、厚着をしてしまうと、本来、冬なら身体を温める、という力を発揮しなければいけないのに、身体を冷やす、という真逆の働きを身体にさせる事になります。

     

     

    身体は季節に適するように変化しているのに、働きが真逆になってしまうと、混乱を起こし、原因不明の症状を突発する、なんていうことにもなってきます。

     

    怠けさせない、という意味でも、季節に適した身体、という意味でも、無闇な厚着は避け、少し寒く感じるくらいの服装を心がけてください。

赤ちゃんの体温が高いということは、身体がそれだけ、活溌に働いている、ということです。

活溌な身体は、当然、免疫力も高いのです。

免疫力が高いということは、異物が入ってきたら、それを排除する力が高いということです。

だから、子どもは良く熱を出したり、風邪を引きやすかったり、様々な症状を引き起こします。

症状とは、身体が良くなろうとして働いていることで、起きる反応のことです。

つまり、症状を抑えることは、身体が良くなろうとしているのを、邪魔していることになります。

平熱が37℃~38℃の子どもが、40℃の熱を出したところで、大したことはありません。

自分の基準で子どものことを考えてしまうと、大きく間違いますので、気を付けましょう。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

生理の悩み、不妊、妊娠中のお身体の悩み、育児中のご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム