二の腕

二の腕はなぜたるむんでしょう?

実は、使えていないからです。

 

ならば二の腕のたるみを無くすには使えば良いということになりますよね。

体操ではなく日常動作でたるみをなくしましょう。
  • 二の腕
    01
    運動嫌い

    “美”というものは機能美こそ、だと思っているのでなんでも機能的であることが好きです。

     

    だから皆さん日常生活と別個に運動などされたりしますが、私は大っ嫌いです。

     

    身体を動かすのは好きです。

    ただそれはあくまで生活の中での動きなら、であって、わざわざ走ったり筋トレしたりということにはまるっきり興味がありませんし、これっぽっちもやろうとは思いません。

     

    体重は大学の頃に最大になりまして80㎏近くまでいったことがありますが、その後まあ体調を崩したりとか色々ありはしましたが、今は中学か高校の頃くらいの数字で落ち着いています。

     

    特別なことは何もしていません。

     

    やっていることといえば姿勢と動きに気をつけているだけです。

  • 二の腕
    02
    肩こりの原因

    肩こりの原因のひとつとしてそもそも肩が動いていない、ということがあります。

     

    筋肉は使わないと固くなって循環が悪くなってコリや痛みを感じるようになるものです。

     

    だから肩が動いていなければ肩がこるのは、まったく当たり前の話ですよね。

     

    動かしたいのは鎖骨、そして肩甲骨です。

     

    猫でも犬でも身近な四本足の動物を見てみれば分かるように、彼らの肩甲骨は身体の体側にあって前足の動きと直結しています。

     

    私たちは二本足で立ち上がった時に腕の可動域を最大限に拡げるため、肩甲骨を背中側に持っていき、他の動物には真似できないような、自由に動かせる腕を手に入れました。

     

    その代わり、腕と肩甲骨が必ずしも連動しなくても動かせるようになったのです。

     

    そうして本来前足を動かせば動くはずの肩甲骨と鎖骨が、腕を動かす時に動かさなくても良くなって、肩から先だけを腕として使ってしまうと、肩甲骨、鎖骨部が動かないので肩がこることになってしまいます。

     

    使えていないというのはそういうことです。

  • 二の腕
    03
    日常生活で使う

    原因が分かっているのだから改善すれば良いだけです。

     

    大体他では体操法などをお伝えするのでしょうが、私は日常の動きと別にわざわざ運動などをするのがイヤなので、普段の動きの中で鎖骨と肩甲骨を動かせるようにすれば良いだけだ、とお伝えします。

     

    結構皆さん体操法を知りたがるんですけども、それじゃあ結局続かないじゃないですか。

     

    日常動作の中に一度組み込んでしまえば、あとは自動的にその動きをするんですからそっちの方が、継続できるしそもそも根本的な解決法だと思うんですけどね。

     

    鎖骨も肩甲骨も腕の一部なんだから、腕を動かす時に一緒に動かせば良いですよね、という簡単な話です。

二の腕がたるまない動作
さてでは本題の二の腕です。

ここがたるむようになるのは使えていないからだ、という当たり前な答えがあります。

 

でも使えていないってどういうことだか分かりますか?

 

身体の表面にある筋肉はほとんどが

縮む筋肉=屈筋

伸ばす筋肉=伸筋

という2種類がセットになっていることで曲げ伸ばしが出来るようになっています。

 

上半身はお腹側が屈筋で、背中が伸筋です。

 

腕もそれらがセットになっています。

二の腕はどちらか分かりますね。

 

そうです、伸筋です。

 

私たち日本人は世界的に見ても特殊な身体の使い方をすると言われていて、屈筋が優位、つまり縮む方に身体を使いたがる傾向にあります。

 

欧米は逆に伸筋優位です。

道具などにその違いが現れていますね。

 

包丁やノコギリを日本人は引いて使いますが、欧米では押して使う、とかです。

 

で、腕も縮む使い方が日常的で実は腕を伸ばしきるということがほとんどないんです。

 

伸ばしてると思っている状況でも大体の場合、伸ばしきってはおらず、ほんの少し伸びしろを残しています。

 

伸ばしきっちゃうと関節に負担がかかってしまいます。

これはそういう構造になっているので仕方がありません。

 

えー、それじゃあどうしようもない、と思うかも知れませんね。

 

でもこれは直線的に腕を伸ばした場合の話です。

 

腕は本来伸ばす時には手の甲が自分を向き、曲げた時には掌がこっちを向く、という動きをします。

 

ちょいと捻れるんですね。

これを直線的に使うから伸ばしきることが出来ないので、腕の曲げ伸ばしに本来の動きであるひねりを加えれば、伸ばしきること、曲げきることが出来るようになります。

 

二の腕の特別な体操や筋トレなどをする必要も無く、普段の動きにひねりを取り入れれば二の腕のたるみは勝手に解消されます。

 

まったくもって、あっけない結論ですけど、知らなかったでしょ?

 

ちゃんと使ってあげて、みんなに自慢するなり、たるんでない二の腕を披露する方は、披露しちゃってください。

 

他にも気になる部分などありましたらリクエスト下さいね。

(゜▽゜)/

二の腕

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

生理の悩み、不妊、妊娠中のお身体の悩み、育児中のご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム