よくつまづく

私は学生時分、

 

どこに段差があるのさ?コレッ。

 

というようなところで、つまずくことが、よ~くありました。

 

 

郵便配達をしていた時には、屋根付きの駐車場で、どうしても低い方からじゃないと、ポストにたどり着けないお宅がありまして。

 

ヘルメットもかぶっているので、視線が上に行かないということもありますが、必ずと言って良いほど頭をぶつけていました。

 

次の時は注意してぶつけないようにするのですが、またその次にはもう忘れていて、思いっきりぶつけるようなことを、繰り返していましたね~。

 

一度はクリーンヒットをもらったボクサーよろしく、崩れ落ちるほどぶつけたこともあります。

 

「バカになる~」

と思わず大声を出してしまいましたが。

 

最近はかなり減ってきていますが、先日も猫のエサ皿を踏んづけて、割ってしまい、足の裏を切ってしまいました。

怪我をしやすいということは、どういうことか?
  • 01
    怪我をするとバランスが崩れる。

    そんな風に足の裏などに傷を創りますと、身体を支えるバランスが崩れやすくなります。

     

    2本の足で立つ、ということは、そもそもが不安定で、高度な身体操作が必要なので、少しの歪みが大きな歪みを引き起こします。

     

    土台が歪めば、当然、その上に載っている部分はバランスを取り直すことになります。

     

    そうして、アチコチに無理が出てくるんですね。

     

    その結果、腰とか肩、ヒザなどに痛みが出てくることになります。

     

     

    これは、怪我をしてからもそうなんですが、実は、すでに歪んでいるから、怪我をするんです。

  • 02
    不注意

    不注意だっただけ、というのも心が調っていないために、見えるハズのものが見えていなかったり、気付けない、ということもあります。

     

    心がが調っていないときというのは、身体も整っていません。

     

    身体のバランスが崩れているため、自分で思っているのと、実際の身体の動きとの間に、小さなズレが生じ、そのせいで、

     

    タンスの角に小指をぶつけたり、

    つまづいたり、

    ドアに指を挟んだり、

    包丁で指を切ったりしてしまうのです。

     

    目を瞑って、両手の人さし指同士を身体の前で合わせることができますか?

     

    全ての指でやってみましょう。

     

    それができるようになったら、今度は、右手は人さし指、左手は薬指、のように互い違いの指でやってみましょう。

  • 03
    調子が良い

    案外、「調子が良い」と思っている時ほど、怪我をしやすい状態だったりします。

     

    調子よく感じている時というのも、「普通じゃなない」という意味では、バランスが崩れている、ということになるんです。

     

    つまり、普段の自分の身体の調子、動き、といったものが分かっていて、そこと、今の状態が、どれだけズレているか、ということに気付けるか。

     

    ということが、怪我をする、しない、という結果に関係してくるのです。

     

    「怪我をしないことが、一流選手の証し」と言われるのは、つまり、それだけ、自分の身体を、思った通りに動かせているからなんですね。

     

    だから、怪我をしないと同時に、優れたパフォーマンスができる、ということになるのです。

     

    テクニックを学ぶよりも、身体の動かし方の基本ができていれば、何だってスグにできるようになります。

思う通りに身体を動かす
ゆっくり、小さく

怪我をしない身体である、つまり、整った身体であるためには、正しい立ち方ができていないといけません。

 

そして、正しい歩き方を知っていなければいけませんし、身体の動かし方の基本も知っておく必要があります。

 

その上で、思った通りに身体を動かせるようになる必要があります。

 

その練習法は、単純です。

 

何でも良いので、一つの動作をとにかくゆっくり行ってみる。

 

例えば、何かを掴む、という動きを10分くらいかけて行ってみる、とかですね。

 

もうひとつは、とにかく小さい動きをする。

 

例えば、首を左右に振る、という動作を、極限まで小さい動きで行う。

 

どちらも、動いてるのか、どうかが、分からないくらいの動きをする、ということになります。

 

これは、やってみると分かりますが、なかなかに難しいですよ。

 

大きく、早く、というのは、思った通りに動かせていなくても、何とか形になるんですが、やっぱり雑な動きなんです。

 

ゆっくり、小さく、が滑らかにできるとき、思いと、実際の動きとのズレは無くなっていきます。

 

そうなれば、怪我もしなくなっていきます。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 10分ほどです。→https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00410693/00067972/0/ ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム