ゴルフをすると腰が・・・。

という方は多いですね。

 

 

お話を伺うと、どうやらインパクトの瞬間に、腰にも衝撃を受けている様子。

 

例えば、野球や剣道など、同じように、棒を持って引っぱたく、という別の競技で、インパクトの瞬間に、腰に衝撃を受けるものというのは、聞きません。

 

ということは、何かゴルフだけ特別にヘンな動きをしているんでしょう。

 

 

お話を伺うと、嬉々として、スイングはこうしてこうして、と、細かい動きを、どうのこうのと仰るんですが、ストップモーションで出来ていても、一連の流れになると、全然出来ていない、なんてことはよくあります。

 

私はゴルフをやったことが無いのですが、身体を使うという意味では、どれも一緒です。

 

ですので、身体の使い方が間違っているから痛みが出てるんですよ、とお伝えするんですが、なぜか聞く耳を持ちません。

 

なので、とりあえず、痛みだけ取るだけ取って、、。

 

まあ、ゴルフのたんびにお越しいただけるのなら、こちらも商売として結構なことなんですけどね。

  • 01
    身体の使い方の根本が間違っている

    2本の足で立つということは、相当高度な身体操作なので、実は、ほとんどの方が正しい立ち方をしておらず、非常にオリジナリティ溢れる立ち方をされていますので、スイング理論以前の問題が、まずあります。

     

     

    レッスンなどでも、足の親指側に体重を乗せるように、というアドバイスがあるハズなのですが、それが出来ていれば、腰痛になる確率は、まあ、半分以下にはなります。

     

    ですが、ほとんどの場合、それが出来ている人がいません。

     

    小指側で立てば、構造上、脚に力が入って、動きが悪くなるのが必然で、その上で、ヒザと股関節で、ねじる動きを作る必要があるのに、動きが制限されているために、腰を必要以上にひねることになっているのでしょう。

     

    腰は強い力に耐えられる場所ではありませんので、ねじられ、衝撃を受け、痛みが出るんでしょうね。

     

     

    教える方も、大体、動きを見ると、自分は股関節と膝で回転しているクセに、腰を回して、って伝えるから、それを腰をひねるんだと勘違いして受け止めて、腰を痛めることになります。

     

    身体の動かし方の基本として、胴体は大きくねじ曲げない、ということがあります。

     

    あくまで、しなる、という程度の動きから、四肢に動きを伝えるのが目的です。

     

    背骨はその動きを生み出す、原動力です。

     

    だから、効率の良い身体の動かし方というのは、小さい背骨からの波を、いかに大きく四肢に伝えられるか、ということにかかってきます。

     

    大きく背骨を動かして、四肢が小さく動くというのでは、効率が悪いということです。

     

    それでも、背骨から動き出していれば、まだマシで、ほとんどの方は、背骨を使ってもおらず、四肢だけで、もしくは四肢から動きを作り出そうとします。

     

    そうすると、全体の連携が生まれませんので、腕なら腕だけ、脚だけ、のように、個々が頑張らなくてはいけなくなり、そのために、筋力勝負になってしまうのです。

  • 02
    動きのコツ

    筋肉は動きの補助です。

     

    動きの基本は骨です。

     

    だから、コツと言うのですよ。

     

     

    ここを間違っていると、上達が難しくなります。

     

    脊椎動物の先輩である、魚や蛇を見ていただくと分かりますが、背骨は推進するための力を生み出す骨です。

     

    これは、4本足になっても変わらず、ネコ科の動物などは、とくに背骨を使って動いています。

     

    人間も脊椎動物のハシクレですので、やはり、背骨から動きを生み出す必要があるのです。

     

    恐らく、力を抜いて、という指導を受けていると思いますが、その本当の意味は、筋肉ではなく、骨を動かすつもりで、まずは、股関節とヒザを使って、身体をねじり、その力を背骨に通し、その結果として、腕が動き、、、、という風に、骨の動きが繋がっていかなければなりません。

  • 03
    力で振ろうとするから痛めてしまうのです

    筋力が足りないから、飛距離が出ないとか、飛距離を出すために、力いっぱい引っぱたく、なんてことを続けていれば、筋肉は疲労して、持続できませんし、故障の原因となります。

     

    筋肉は収縮と拡張という運動を交互に行うことで、その力を発揮出来るのですが、力が入っているというときは、固く縮んだままになって、筋肉としての運動がないために、パフォーマンスも下がってしまいます。

     

    だから、力を抜かなければならないのですが、ただ、力を抜くのではなく、骨を使わなければ、そもそも立っていられませんし、動けません。

     

    飛距離を出すのに必要なのは、脚の力です。

     

    それをシャフトへつなげていき、遠心力と位置エネルギーを使って打てば良いのです。

お腹の力が抜けていると腰を痛めます
小指側で立っていてはダメ

もうひとつ、小指側に体重が乗っていると、構造的に、腰に力が入り、お腹の力が抜けます。

 

ギックリ腰も、腰痛は全て同じですが、お腹の力が抜けているんです。

 

普段、お腹に力が入っていても、何か動いた瞬間に、抜けてしまうと、痛めます。

 

これはむち打ちみたいなもんですけどね。

 

 

ですから、何かヘンな打ち方になっていて、インパクトの瞬間にお腹の力が抜けるようであれば、腰も痛くなります。

 

伸び上がるような感じで打つ人がいます。

 

インパクトの瞬間だけ頭の位置が上がる人ですね。

 

そういう方は、恐らく、お腹の力が抜けてます。

 

 

すくい上げちゃうのかな?

 

詳しく見てないので分かりませんけども。

 

まあ、でも、ここで書いたことが出来れば、腰も痛くなりませんし、スコアも伸びると思いますよ。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム