椅子に腰かける姿勢は、身体に悪い!

日本に椅子が定着するようになったのは、明治以降。

 

それ以前、茶屋などの床几や、縁台、縁側など腰掛けることはあったものの、床に座るか、しゃがむ、というのが基本でした。

 

 

日本人はとくに、身体感覚が優れていたために、椅子を嫌ったのでしょう。

 

 

どういうことかと言いますと、人間の身体に椅子は適わないのです。

 

 

人間は、無謀にも重力に逆らって、立ち上がりました。

 

想像していただければ分かると思いますが、この時、最も重力干渉を受けにくいのは、直立か、寝るか、の2つしかありません。

 

 

腰掛ける、という体勢は、身体への負荷が大きくなるのです。

それでも、腰掛けなければならないのです、、、
  • 01
    正座も出来ない、あぐらもかけない、しゃがめない

    なので、椅子に長く座るような職業の方は、たいてい、腰が痛かったり、足がむくんだりと、不調が多く出ます。

     

     

    そうかと言って、欧米の方は、そもそも、しゃがめない方が多いですし、日本人にしても、床に座ることが、だんだん、ままならなくなってきています。

     

    正座も出来ない、あぐらもかけない、しゃがめない、という人が増えています。

     

     

    できるのは膝を抱える、“体育座り”だけ、みたいな感じでね。

     

    でも、体育座りは、心と身体に良くない座り方で、別名を“奴隷座り”と言います。

     

     

    それはまた、別で詳しくお伝えしますが。

  • 02
    良い椅子のご紹介

    そんなワケで、今、私たちは、ちゃんと椅子にも座れない、床にも座れない、という、どうしようもない状態になってきているんです。

     

     

    いっそのこと座らなければ良い、とアメリカの企業などは、オフィスから椅子を取っ払って、立ってデスクワークをするところが出てきています。

     

     

    どうしても座りたいのなら、蹲踞の姿勢が最も良い形でしょうから、それに適う形状の椅子にすれば良いのです。

     

    つまり、自力で身体を支えられる体勢を保つ座り方、頭と足が一直線上に来るようにする、ということですね。

     
     

     

      椅子に腰かける体勢は、脚の力が全く使えないために、腰に負担が全てかかります。  

     

    この形は、多少は足を使えるようになるので、腰だけが負担する重力を分散させられるようになるのです。

     

    で、蹲踞や、正座、正座からつま先を立てる、跪き、の共通点が、座骨で座っているということになります。

     

    この椅子でも、自動的に、座骨で座る形になっています。

  • 03
    正しい座り方

    座る骨、というんですから、文字通りそれを使うのがベストだということですね。

     

     

    長時間、デスクワークや、運転などされる方で、『姿勢が悪いんじゃ無いか』と、あれこれ気にしている方も多いかと思いますが、背筋を伸ばすとか、肩の位置がどうとか、腰がどうっていう風に、上の方を考えるよりも、座骨を使って座れれば、それだけで勝手に姿勢は整います。

     

     

    逆に言えば、座骨を使わなければ、どんなに取り繕おうとしても、無理がかかりますので、反り腰になったり、腰が丸まったりして、猫背や、ストレートネックなどにもなってしまうのです。

     

     

    座骨がどれかというのは、とにかく座って、お尻をアレコレ動かしてみれば、骨があります。

     

    それです。

     

    そいつを、座面に垂直に突き刺すように、座るのです。

     

     

    正座が正座たる所以は、自然に座骨で座る形になるからです。

     

    さらには、足の可動域を十全に使えないと出来ない座り方でもあります。

     

    足首を最大限、伸ばし、膝は最大限に曲げる。

     

    これが出来るということは、足の機能が使えている、というひとつの目安となります。

     

    もちろん、これが出来れば完璧、ということではありませんが。

さらには、この座り方が出来ますと、腰が定まりますので、姿勢を保つ為にエネルギーを使わずに済むようになり、上半身の力が抜け、非常にラクに、動きやすさが格段に良くなります。    

 

つまり、不調になりにくく、集注しやすい姿勢になれる、ということです。    

 

で、これが分かれば、あぐらでも、普通の椅子でも、どこでも、どんな座り方でも、座骨で座れるようになります。  

 

座布団やクッションの端に座るようにすると、つまり、座面を少し斜めにしておくと、座骨を垂直に突き刺しやすくなりますので、そういう工夫も良いですよ。    

 

以上、正しい座り方のコツ、でした。  

 

 

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム