手拭いとの出会い

小学校では、ハンカチを持て、と指導されるんですが、嫌いでして。

手を洗って、拭いたら一回で、もうビショビショでしょう?

その濡れたハンカチを、ポケットにしまうというのが、どうにも許せなかったんです。

なので、小学生の頃からハンカチは使いませんでした。

 

そんなこんなで、社会人になっある日、ひょんなことから手拭いを使ったら、こんなに良いものが、日本には昔からあるのに、どうしてハンカチなんてものを、押しつけてたんだろうと、不思議でした。

 

それから手拭いをどんどん集め出しました。

最初の頃はあまり種類もありませんでしたので、新しい柄を見つけたらすぐ購入していましたが、最近はあまりにも、あちこちで売るようになったので、とっても全部には手を出せなくなり、本当に気に入ったものしか買わなくなりました。

うがいと手洗い
私たちは菌まみれです

外から帰ってきたら、うがいと手洗いをするように奨励されています。

 

今は、それだけでは足りず、除菌もするようになっていますね。

 

これはしかし、ちょっと考えた方が良くないでしょうか?

 

私たちの身の回りは基本的に菌だらけです。

空気中もそうだし、そもそも私たちの体も、菌の住み処でもあるし、その菌に守られているという側面もあります。

 

何だか“良い”菌、“悪い”菌と分けていますが、悪い菌だって普通にいつでも、どこにでも、いるわけです。

 

何なら、向こうの方が先輩です。

菌を住まわせているというよりも、住んでいただいている、と考えるべきかもしれません。

人間はキレイで、自然はキタナイ?
  • 01
    良い、悪いというのは人間の都合

    大腸菌というのは、文字通り、大腸に住んでいる菌たちのことですが、これらが、1度体外に出ると、私たちは拒否反応を起こします。

    つまり、食中りなどを発症します。

    元々、お腹の中にいるのにです。

    これはナゼかは分かっていないそうです。

     

    菌が病気や何やらを引き起こすのは、全く、こちらの身体の都合です。

    身体が整っているのなら、通常の菌は悪さなど、出来ません

     

    身体の状態を無視して「除菌」に躍起になったとしても、家の中だって、無菌状態な訳ではありませんから、逆に“悪い”菌をやっつけてくれている“良い”菌まで、除菌してしまっているということは、除菌する前より、遙かに無防備な状態だということになります。

     

    つまり

     

    除菌をすればするほどに、無防備になっていくだけです。

  • 02
    生きることは、生かされているということ

    手洗いも、うがいも同じことです。

    水洗い程度ならまだわかりますが、寝る前に口の中を“除菌”したら、寝ている間に“悪い”菌に

     

    「どうぞお入りください」

     

    と促しているようなものです。

     

    私は、歯磨き粉を使うのを止めてから、朝の口内の気持ち悪さを感じなくなりました。

     

    口内は、高温多湿ですから、菌にとっては住みやすい場所です。

     

    そこでの抗菌は自分の身体の力でするのが一番の方法です。

    唾液には、その役割があります。

    皮膚はその為のバリヤーでもあります。

    口内にいる、皮膚に住んでいる菌たちは、そこで私たちを守っていてくれている存在でもあるのです。

  • 03
    キレイとキタナイの境はどこ?

    山の中を流れる川のせせらぎと、老朽化した水道管を通って出てくる水道水と、どちらの方がキレイ?キタナイ?

     

    納豆も、キムチも、ぬか漬けも、味噌も、醤油も、ヨーグルトも、パンも、菌です。

     

    あなたが排泄したものは、あなたの中を通って出てきただけです。

    あなたのお腹の中はキタナイのでしょうか?

     

    衛生という概念が生まれたことで、乳幼児死亡率が格段に少なくなったとか、大切なことではあります。

     

    ですが、その線引きは意外に曖昧ではないでしょうか?

     

    日本は特に、“禊ぎ”という独特の感覚があり、“穢れ”を祓うということが、長い年月行われてきました。

     

    これは、人間世界の汚れを落とし、自然界に還る赦しを得るための儀式だと解釈します。

     

    この観点を忘れてはいけないと思うのです。

     

    自然を拒否することは、自然からも疎まれることです。

     

    今一度、うがい、手洗い、を考え直してみませんか?

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 10分ほどです。→https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00410693/00067972/0/ ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム