足の裏にマメ、タコがある人は要注意!

別に痛みは無いけれど、足の裏に固いマメやタコがある。

 

すでに、その時点で、立ち方がおかしいということですので、今は何とも無くても、将来、膝や、股関節、腰、などが痛くなったりと、不調の要因になり得ます。

 

そして、そのマメやタコがあることで、さらに立ち方はおかしくなり、アレルギー、内臓の不調、脊椎の側湾、うつ、などへつながっていくことも、充分に考えられます。

 

足は私たちの身体の土台です。

足元が歪めば全て歪み、、歪みは血液、リンパ、脳脊髄液、間質液の循環を悪くして、身体の良くなる力、修復する力、活力が奪われてしまいます。

 

足の裏がやわらかくなる立ち方を習得して、一生歩ける軆になりましょう!

  • 01
    正しい立ち方を学べない不幸

    私たちは、たかだか、A4サイズ程度の大きさの足の裏だけで、人によっては100㎏も支えているのです。

     

    しかも、2本の足だけで、身体を支えることを選択しました。

     

    非常に不安定ですよね。

     

    だからこそ、多くの方は、足にしっかりと力を込めて、立っています。

     

    私たちは、立ち方を誰に学ぶことも無く、見よう見まねで、自分勝手な、独自の方法で立っています。

     

    車などの移動手段の無かった時代は、“歩く”しか方法がありませんでしたから、どこまででも歩いて行き、帰ってきます。

     

    今とは較べものにならない距離を歩くためには、自然と痛くならない立ち方、歩き方を身につけていけたでしょうが、現代では、歩く機会が減ったからこそ、正しい立ち方、歩き方を身につける事もできなくなっています

     

    それでも、毎日、毎日、あるくのですから、知らず知らず、間違った立ち方、歩き方による負担は蓄積しています。

     

    高齢の方が「膝が痛い」「股関節が痛い」「腰が痛い」のは、齢のせいではなく、そういった、間違った立ち方、歩き方をずっと続けて、負担が積もりに積もったせいなのです。

     

    正しい立ち方、歩き方ができていれば、身体は幾つになっても、百歳を越えようとも、悲鳴を上げるような、ヤワな作りではありません

  • 02
    足は動かすもの

    私たちは一応、動物のハシクレですので、動くことが基本の生き物です。

     

    そして、足を使って歩くわけです。

     

    ここで、少し体験してみましょう。

    思いっきり腕に力を込めて、動かしてみてください。

     

    動きが鈍くなりますね?

     

    次は、力を抜いて動かしてみましょう。

    自在に動きますよね。

     

    力を抜いた方が、身体は動きやすいものなのです。

     

    なのに、みなさん、足に力を込めたまま、立ち、歩こうとしています。

     

    これは、ブレーキを踏みながら、アクセルをふかしているようなものです。

     

    ずっと力を込めているのですから、疲れやすくもなります。

    非常に効率が悪いですし、当然、故障の原因になります。

     

    マメやタコができている場所は、そこに余計に体重がかかっている証拠、つまり、足に力を込めているということです。

  • 03
    バランス、バランス

    2本しかない足で立ち、力を抜いて動くことが基本ならば、私たちにできることは、バランスを取ることだけになります。

     

    バランスよく立つには、ココ、という点で立つ必要があります。

     

    そこで立っていないから、余計な力が入ってしまう、と言うこともできます。

     

    マメやタコが出来てしまうのは、そこが、バランスよく立つための場所じゃない、という証拠。

     

    ホウキを手のひらに立てて、バランスを取る遊びをしたことがあると思いますが、立つ、ということは、ああいうことです。

     

    ホウキが力を込めているわけではありませんよね?

    手でホウキを握ってしまっていては、バランスになりません。

     

    身体は骨が支え、体液の移動を、筋肉が補助します

    それが動くということです。

     

    しばらく、筋肉信仰というものがあり、筋肉で身体を動かしている、という誤解が蔓延してしまいましたが、筋肉だけで、昔の人のように、一日中歩き回ったりは、できません。

     

    みなさんが鍛えるのが大好きな筋肉は、身体を動かすための重要度からいえば、低いんです。

     

    力が入れば、上手な補助が出来なくなります。

    体液の循環も阻害されることになります。

    新鮮な酸素や栄養が摂り入れられず、老廃物を排出することができなくなり、体液は汚れていきます。

     

    体液が汚れることで、痛みなどだけでない、様々な不調を呼び込むことになります

     

    立ち方がおかしいことは、O脚やX脚、外反母趾や、オスグッド、膝痛、股関節痛などの足の不調だけでなく、全身の病気の原因になるのです。

     

    つまり、正しい立ち方が出来れば、今抱えている不調から改善していけるということです。

正しい歩き方のために
第一歩

足の裏に血豆が出来たり、靴擦れで痛みがあるだけで、正しい立ち方が出来なくなるから、身体は歪みます。

 

ほんの少し、傷つけただけでも、そうです。

マメやタコができるということは、すでに、立ち方がおかしいということですが、それができることで、さらに身体は歪んでいきます

 

力を抜けば良い、という理屈は分かっても、実際に足の力を抜こうとすると、多くの方は出来ません。

 

伊豆の整体院がお伝えしても、まず皆やらない“最強の健康法”とは?

 

こちらでお伝えしている方法にも関係してきますが、足の力を抜く練習として、心掛けて欲しいのは、足音を立てないように歩く、ということです。

 

これは、つま先で歩くのではなく、ちゃんと踵から着地して歩きながら、足音を立てないようにします。

 

大きく、早く、雑に身体を動かすというのは、楽なんです。

 

ドン、ドン、ドンと足音を立てるのは、足の力で地面を踏み込んでいるからですね。

 

カツカツ、コツコツ足音が鳴るのも、靴のせいではありません。

 

力を抜けば、足音は減ります

 

より小さく、より遅く、丁寧に身体を動かそうとすると、身体への情報量がケタ違いに増えて、正確な動きの練習になります。

 

まず、練習として、歩く速度を十分の一くらいに遅らせてみてください。

 

そう、太極拳のような感じで。

 

遅くすればするほど、難しくなります

 

そうして、練習した身体の感覚を失わないように、普通に歩くときも意識していけば、良い歩き方に変わっていきます

 

毎日毎日繰り返すことで、身体に正しい動きがしみ込んでいきます。

 

実際に体験しないとよく分からない、という方はどうぞ、お気軽にお声かけください。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム