津軽三味線を弾く人は、現在も、続々と生まれてきていますね

 

津軽三味線に限らず、和楽器のバンドなどもありますし、和楽器人気というものがあるようです。

 

ですが、残念ながら、今現在、この髙橋竹山以前の奏者を超える人は、生まれないでしょう。

 

それは演奏の上手下手という話ではなく、音楽の基礎が西洋音楽になってしまっているから、もう、どうしようもないんですね。

 

別物になってしまっているということです。

西洋音楽の基礎の中に日本の音楽は入らない

日本の音楽と西洋の音楽とではロジックが全然違うのに、学校では西洋音楽を学び、それがみんな基礎として身に付いてしまっているために、本当の日本の音楽には触れることができなくなっています。

 

だから、どんなに優れた三味線奏者や、和楽器の上手が現れたとしても、それは西洋音楽の中での上手になります。

間の悪い人はいても、音痴はいない
  • 01
    日本人の間

    雅楽とか、神楽や能狂言の地方さん達にはまだ、残っていますが、日本の音楽は、西洋音楽では音痴になるような、音の高さの違いも関係ありませんし、リズムも一定ではなかったりと、かなり様相を異にします。

     

    調子はその場で勝手に合うものなんです。

  • 02
    外国人の間

    よく、韓国アイドルグループが自己紹介のときに「1,2,3,」と声をかけますが、日本人はこれがなくても合いますね。

     

    一本締めなども、外国の方は驚かれるそうですが、日本人には独特の間の合わせ方というものがあります。

     

    これは空気感とか、そういうものを感じ取る力ですね。

     

    だから、日本のアイドルグループなどが、「1,2,3,」とか、かけ声をかけなければ声が揃わなくなるようなら、もう末期状態です。

  • 03
    音痴を生まない日本の音楽

    音の高さなどは関係なく、それぞれが好き勝手に唄っても、ひとつになるのが、日本の音楽です。

     

    だから、音痴にはなりにくい。

    音痴といわれる方は、ただ、西洋音楽の枠にはまっていないけど、日本人の音楽感が残っている人ということです。

     

    本当に日本の音楽を伝えたい、と考えるのならば、日本の音楽の肝をしっかり理解した上で、西洋音楽をもっと遅くから学ばせるべきでしょうが、英語も小学校から学ばせたいくらい日本から離れようとする人ばかりですからね。

     

    明治以降ずっとそうですもんね。

 

ただ、まあ、こういう方もいらっしゃいます。

 

この方の方が、日本人の琵琶奏者よりも、よっぽど、そこら辺のことを理解してらっしゃいます。

つまりは、こんな状況の中でも、やってやれないことはないということです。

ただ、どれだけの人が、そこに気づき、意識できるか。

そこが一番の問題です。

 

この人以外の琵琶奏者は、まったく琵琶である必然性が無い。

ひとつのバリエーションとしての楽器でしかありません。

ご相談ご質問何でもお気軽にお声かけください

お子さんのお身体の悩み、ご相談、ご質問などお気軽にお声かけください

店舗情報

からはだふくらか写真
店舗名

からはだふくらか
住所 〒410-2211 静岡県伊豆の国市 長岡991-4
電話番号 070-4385-1014
営業時間 8:30~22:00
定休日 不定休
最寄駅 伊豆長岡駅
ご紹介

からはだふくらかは県道131号線沿い、伊豆長岡温泉場出逢い通りにあります。 電車でお越しの際は、伊豆長岡駅よりバスをご利用ください。 シーパラダイス行で宗徳寺前下車歩1分。 沼津駅行で長岡湯元下車すぐです。 ひとりでやっていますので、かなり時間に融通が利きます。 反面、急なご来店には対応できない場合が考えられますので、必ず事前に御連絡下さい
room
ACCESS
伊豆の国市の整体・からはだふくらかでは、まず質問票への記入をお願いします。
その後、辛い部分等の聞き取りをしながら、身体の可動域を確認し、痛みの原因を探っていきます。
整体というと、強い刺激や痛をともなう施術を想像される方もいるかもしれませんが、当サロンでは基本的に身体が気持ちいいと思う動きを意識しながら筋肉をゆるめていきますので赤ちゃんから、妊娠中、高齢の方まで安心して受けていただけます。
お辛いのにお越しいただかなくても伊豆の国市だけでなく沼津・三島まで出張整体いたします。

からはだふくらかからのご挨拶

からはだふくらか

身体は固体だと思いますか?

液体だと思いますか?

気体だと思いますか?

身体の約70%は水分だと言われます。

その水分は海の成分と同じです。

 

生命は海で生まれました。

海と切り離されては生きていけないので

身体の中に海を抱え込んで陸に上がってきたのが私たちです。

 

羊水は海そのものですね。人間も最初の一年近くは海の中で暮らします。

 

身体の中の海が澱んだり、バランスが乱れたり、干上がったりすることが、身体の様々な不調となって現れています。

 

赤ちゃんの身体は理想の身体です。

快い身体で愉しく、もっと悦びにあふれた毎日を送りましょう。

お問合せフォーム